スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職しました    07/29/2007
久しぶりです。

近況をば…

6月から今のお店に変わり、今度はフルタイムで働いているため毎日忙しくし過ごしています。
遅いときは10時過ぎの帰宅になったりで41歳の初老(笑)の身体には堪えますが数年前までフルで働いていたためなんとか身体も慣れつつあるようです。

おかげさまで忙しいお店でなかなか充実した日々です。


しかしその反面ついつい家のことがおろそかになってしまったりもするのですが、夫も協力的で洗濯物を畳んでおいてくれたりでずいぶん助けられてます。夫にも感謝の毎日です。



去年の流産から早や一年以上過ぎ、子供のこともきっぱりあきらめ
仕事に打ち込むべく転職しました。
やはりこの生活のほうが私には向いているのかも…なんて思えるくらい
子供の事は吹っ切れました。(負け惜しみではないよ)

といっても生まれ変わる事ができれば今度こそは子供も持ってみたいとは思ってます。
子宝母さんもいいかも…なあんてね。


そんな感じで忙しい日々を送ってますがボチボチこちらのブログもつづけていけたらな~と思います。

こんなさぼってばかりなんでもう殆ど誰も見にきてないかも
またまた長きにわたり放置プレイ(笑)しておりました。

さてもうすっかり暖かくなり
部屋の大部分を占めるコタツを
そろそろしまうべきかが目下の悩みのお気楽なyukipooでございます。

とはいうもののここんところ胃の調子がすっきりせず
なにか重大な病気では?などと思い四十路も過ぎ
胃の検査も8年前にしたきりなんでいよいよ意を決して
胃カメラでの検査をしてきました。

いまは口からでなく鼻からカメラを挿入するとかで
経口の胃カメラと違い吐き気もなく出来るというので
「よっしゃそれなら!」と行ってまいりました。

前処理として胃壁をきれいにする薬を飲み、鼻から麻酔やら
通りをよくする薬剤を注入されたりとかなり不快を伴う処置をされたりで
カメラ本番を迎える前に恐怖心がおそってきました((;゚Д゚)

そして先生が現れいざカメラ挿入!

胃に到達するまでちょっと違和感がありましたが、わりと平気でした。
むしろ前処理のほうが嫌な感じでした。

途中胃液を抜いたりしながら食道、胃の入り口、さらに進んで十二指腸まで診ました。

結果、な~んもなかったです。

炎症も潰瘍も腫瘍もなぁんもなかとです。


ちょっと食べ過ぎるともたれたり胃がシクシクしたのは加齢によるものでしょうか?
またまた年を感じてしまいました。

結局胃薬を10日分もらって調子が悪けりゃまたきてくださいと言われ帰ってきました。

 
さて世の中統一地方選挙の後半戦とやらでこの地方も市議選が始まり
今さっきも地元の候補者の演説会を
近くの公民館でやるのでお越しくださいと宣伝カーが通っていきました。

しかし市議選候補者多すぎで一体誰に入れていいやら…

実家の母が父の友人に入れてやれというのですが
そんな安直な理由で一票を投じるのもどうかと…
などと優等生ぶっておりますが整理券捨ててしまったんですがな~

なんといいかげんな有権者。

とまあ最近のわたくしこんな感じでございます。
結婚して12年経った昨年、嫁入り道具として持ってきたテレビですが
色調がおかしくなりなんか緑っぽい色合いが調節しても直らず
かといってまだあの頃は不妊治療もせなならず薄型テレビとやらもまだまだ高額だったため
実家父の知り合いの電気屋のおじさんに1万円の中古テレビを提供してもらい
ちょうど一年が経つのですがそいつもいよいよ故障してしまい
いよいよ間もなく切り替わる(といっても5年後か)地デジ対応のテレビに替えなきゃならない事態に陥りました。

それで1ヶ月くらい前頃から家電店巡りをして価格調査したり
プラズマor液晶、メーカーはどこがいいのかを夫と検討しておりました。

いろいろ話し合った結果パナソニックのプラズマ『VIERA』に決め
10日ほど前に我が家にやってきました。

それまでの25型のブラウン管から37型のプラズマに変わり
さすがに映像は感動的に美しいっす!
ちょうどあの頃フィギュアのNHK杯をやっていて
選手の人たちのすばらしい演技も堪能できてやはり最新の技術はすんばらしい!と思ったものでした。
が、しかし見えすぎちゃって困るの~(古いなぁ~おい!)って感じで
自分の目があのアナログなテレビからハイテクなテレビに切り替えが追いつかず(笑)疲れ目が激しく頭が痛い~
それも2~3日で治まりましたがね。。


大河ドラマも今のテレビがきてから本来こんな美しい映像だったのねと改めて認識しております。
あ、大河ドラマ『功名が辻』は昨日最終回を迎えました。
最初違和感ありありだった浅野ゆう子のねねさま(秀吉妻)も年を取り
高台院さまになってからはとてもお似合いの役どころじゃないの?とさえ思えるようになりました(笑)
しかしどのドラマも最終回楽しみにしていてもなんか話をずいぶん端折られてしまったり手抜きされた感がしてしょうがないのですが。
昨日の『功名が辻』も然り。
淀殿の最期や大坂冬の陣、夏の陣も軽く流された感じでもちっと丁寧にやって欲しかった気がしてます。。

そんなエラソーに批評しちゃうほどテレビ三昧な我が家です。

あ、あとこちらのブログもちょこちょこ更新してまいりますが
MIXI(今さらかい)でも日記書いてます
yukipooで書いてますんで良かったらドゾ~~


私信
Aちゃんへ
コメントいただいたのですがなぜか文字が反映されてなくて
絵文字しか読み取れないのよ~うちのPCがあかんのでしょうか?
そんなわけでしたのでお返事できずごめんなさい~
細胞診結果    11/16/2006
子宮頚部の円錐切除を行なってちょうど一年が経ちました
そして先月末に子宮頸がんの検診を受け、昨日その結果が郵送されてきました。

細胞診の結果、class?=異常なしでした~

今度は一年後に検診を受ければいいのだーーーー!


健康ってスバラシイなぁ~つくづくそんなことを思うこの頃です。
1年経つのね…    11/01/2006
約1年前に初期の子宮頸がんが見つかり
県立病院に入院し円錐切除を行ないました

それから半年後の4月の細胞診は異常なしでした
そして更に半年たった昨日不妊治療でお世話になった(ガンも見つけていただいた)産婦人科にて子宮がん検診をしてきました

頚がんと体がんの両方をお願いしたのですが
不正出血もなく超音波で診た限り疑わしい所見はなかったので
子宮体がんの検査はしなくていいでしょということで無しに…

あと卵巣の方も特に異常なし!
子宮の入り口のポリープをこの際取っちゃお~と言われ
「え?今から?痛くないの?え?え?」
と内心焦っているとカーテンの下から綿棒の先ほどの肉片を見せられ
「これがポリープね~」

全然痛くなかったです

子宮がん検診の結果は郵送で知らせてくれるそうです


それよりもこの前の生理前、例の高温期の胸の張りがいつも以上に強くて
左の乳房の下あたりに初めて経験するくらいの痛さを感じました
生理が治まれば自然に治まるかなぁと思い様子を見ていたのですが
生理周期20日の昨日の時点でもまだいや~なしこり(触ると痛い)が気になったので
子宮がん検診のとき先生にその事を伝えたら超音波で胸を診てくださいました。

例の左の乳房の下あたりに嚢胞(のうほう)と見られるあやしい影が発見され
念のため検査しておいでと言われ紹介状を持って
乳腺外科のある病院へ早速今日行ってきました。

まず昨日同様超音波で診てもらい
そしてその後あの恐怖のマンモグラフィを…

3月の市の集団検診のときと違い今度は痛みを伴うしこりを抱えているため
結構痛かったです
チラッと見えた我が乳は透明な板に見事押しつぶされ見た事も無いような物体と化しておりました

上下と横から撮ってもらいしばらくして診察室へ呼ばれました。

初老の優しそうな男性医師にもう一度触診をしてもらい
先ほどのマンモ画像を診てもらいました。

あのしこりはやはりただの嚢胞でまず一安心といったところです
念のため半年後また検診に来るように言われました

そして痛みはというと…
先生に背中を見せてといわれて後ろ向きになると肩甲骨のある一点を押されました
「い、痛い!」

先生「ここ痛いでしょう?これは神経痛だね。これからの時期多いんだよ
   皆心配して来るけど神経痛ていうパターンが結構あるんだよ~」

し、神経痛かい…
肩甲骨に神経ブロックの注射を打ってもらったらなるほどスッキリしてきました。
お乳の痛みも消え、ここん所腰の辺りもずっと痛くてだるくてそのせいかスッキリしなかった胃の辺りもすーっとしてきました
不思議だ…

お乳の不安は消え去りました
あとは郵送されてくる子宮頚がんの結果だけだな…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。