スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドキドキのMR検査    10/28/2005
今日は11時にMRIの検査が予約してあったので
仕事を休んで行ってきました。
夫も無理やり仕事を休んで付き合ってくれました。
いつもスマンことで。。夫、ありがとう。。


このMR検査で予想外に周りの臓器にひろがっていたらどうしよう。。。
と最悪なことを考えて昨夜はまた眠れない夜を過ごしました。

10時40分ごろに病院へ到着。
相変わらずえらい混みようの病院です。
しかしわたしは予約診療だったので(殆どの方が予約か)
スムーズに呼ばれいよいよ初めてのMRI...
検査着に着替えて検査室に…

手術で金属を埋めてないですね?
マスカラやアイラインは入ってないですか?
貴金属は外しましたか?
と確認されいよいよあの筒の中へ。

大きい音がしますからヘッドホンつけさせてくださいね。
とヘッドホンをつけられ中からアルバム「IMAGE」の
癒し系の音楽が流れ始めました。

「じゃあ撮影しま~す」
と声がかかり、やがてトントントントン…と音がし始め
次にブ、ブ、ブ、ブ。。。
そしてビービービービー!!!
ほんとうにやかましいわ。
工事現場の横にいるみたいな騒音に
葉加瀬太郎やゴンチチの音楽がかき消されておりました。

BGM意味無しです。。

だいだい20分ほどでしょうか。
やっと筒の中から解放され
現像したMR画像を手に再び産婦人科の診察室に。

さてどんな結果か口から心臓が出そうなくらい
ドキドキしながら待っているとついに名前を呼ばれ
中待合でも最悪な告知をされた場合のことを考え
もうぶっ倒れそうなくらいでした。

「○○さ~ん」
と呼ばれ診察室へ。

ドキドキ  ドッキンドッキン  ドキーーン!

ハァハァ。。心臓が持ちましぇん。。。

先生「画像見る限りは…
   子宮頚部の表面にしか見られないですね。」


ひとまず回りに広がっていることはなさそうだ。

はぁ~~ホッとしましたぁ~死ななくて済む。。

あまりにもホッとしてしまい
余裕ができたのかつい今回のガンには関係の無い
内膜症についての質問もしてしまった。
「この画像から内膜症ってわかります?」
「内膜症。。。あまり認められないですよ。
このあたりに少しあるだけで~ひどくは無いですよ」
最近生理後半の痛みの範囲が広がってるような気がしたので
心配だったがそうでもないようでまた安心しました。


とりあえず命は助かるようです。

手術は予定通り「円錐切除術」で。
しかしなぜか手術同意書の臨床診断の欄には
子宮頚部異形上皮とありました。

異形上皮って前ガン状態のことでは?
わたしはガンなのか、ガンの前の段階なのか?どっちなの?

(-_-)ウーム…なんかちょっと気持ちが楽になってきた。。

それで円切後は切り取ったところを病理にまわして
詳しく検査をして診断を下すそうです。
この円切でガンが取りきれれば子宮は温存できるし
残ってしまえば摘出でしょう。。(:_;)

MR検査の結果を聞くまでは
今にもへたり込みそうな気分でいたくせに
現金なやつだなぁ~わたし。

しかしこの前の心電図の結果がちょっとあやしいところがあって
もう一度心電図とエコーをとって今度は循環器科で長い待ち時間を経て
やっと循環器科の診察。

小さい頃の病歴を聞かれたりなにか症状はないか聞かれたり。
しかし循環器系の病気はした事もなく
心臓に関する症状もまったくなし。

先生も首をひねって
「まあ手術には差し支えないでしょう」
ということでやはり手術は予定通り決行!

夫などは循環器の診察後
「心臓に毛がボーボーに生えてますって言われんかったか?」
だってさ。
彼もさっきまでは深刻な顔をしていたくせに。。。プ。。


どうかどうか今度の切除で治療が完了しますように。。。
ひたすら祈るばかりです。

※心配してメールをくださったMちゃん
 本当にありがとう♪
 けっこう気楽になりましたです。。


スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://yukipoo.blog10.fc2.com/tb.php/63-d26d16fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。