スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠までの道は遠い    10/22/2005
昨日のブログで不安なことがあると書いたのですが
その不安に思っていたことが今日明らかになりましたので
ご報告します~~

昨日の夕方通っている産婦人科から電話があり
先日の組織検査の結果が出たので
近いうちに来院するようにと言われました。

なんとなくどんな結果かはピンと来たんですけど。

電話を切ってから考え得ることを頭に浮かべてみました。


その1 カンジダがちょっとしつこいから今度の治療で患部を焼く
その2 ガン細胞が発見された。
     しかし初期なので切除すれば完治するし妊娠も期待できる
その3 ガンが進行して子宮を摘出しなくてはならない
     これでもう妊娠の望みは絶たれた
その4 ガンは末期
     周りの臓器に転移して手の施しようがない
     余命は数ヶ月
その5 その他厄介な病気

という結果を想像し、いざ先生に宣告されても取り乱さないよう
気持ちをしっかり持っていかなきゃなぁ。。
そんなことを昨日の夜から今日の夕方病院へ行くまで
考えておりました。

一番考えられるのがその2でしょう。
その4はこれだけしょっちゅう内診してこんな状態に気づかない先生も
一体どこに目をつけてるんですか?なんですけど。

悶々としながら待合で待っていると
ついにわたしの順番に。

軽く深呼吸をしながら先生の目の前に座りました。

結果はパターンその2
子宮頸がんでした
とはいっても慌てる事なかれです。
先生のお見立てではまだ上皮内に認められるくらいのいわゆる0期
ガンのサイトで見る限りこの段階で治療すれば再発も無く
妊娠もふつうにできるのだ。

先生に紹介状を書いていただき来週早々に
うちの近くの県立病院へ検体のサンプルを持って行って来ます。

先生がおっしゃるには子宮頚部をえぐりとって
その組織をもう一度診るという
検査と治療を兼ねたことをするらしいです。

たぶん円錐切除のことでしょう。


あのぉ…わたし思ったより落ち込んでないっすよ~
それよりまた凍結胚を戻すのが遅くなってしまう
というのが痛いなぁ~

なんかずいぶん遠回りしてるような気がするんだけど。

しかし良い方に考えれば不妊治療をしていたおかげで
こんなに早期にガンが発見できたんだなぁ~と思うと
治療していたこともまんざら悪いことでもなく
むしろ命すら救われた気がします。

普通に子供を授かっていたら、または子供は無しでもよい。
そう思って生活していたら面倒ながん検診も受けず
おおかた出血してから病院へ行き手遅れっていうことも
あったかもしれないし。

とりあえずわたしはこのタイミングでガンが発見でき
ラッキーだったと思えるのです。

がん検診。。
皆さんも1年に一度受けてください!
痛くもないしあっという間に終わりますよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://yukipoo.blog10.fc2.com/tb.php/59-909e4dc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。