スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万博レポート    07/11/2005
朝、実家まで車で行きそこから駅からの会場行きバス(要予約)
に乗ってでかけました。

その前に車で自宅を出て少し走った頃ふと財布に入場券入れてあったっけ?
と気になり財布を捜した。

中を覗いたら入場券はおろかお金が入ってない!!
あわてて取りに戻りあせりまくって実家についたら母が
こんなときもあんたは。。ε-(ーдー)ハァみたいな感じで待ってました。。すんません。


母に受付を任せてわたしは朝食の調達をしにコンビニへダッシュ!
めちゃくちゃ久しぶりに走りもうこの時点で一日分の疲労度。

バスは定刻より5分ほど早く出発し、1時間ほどで会場に到着。
手荷物検査と探知機のゲートをくぐってボディチェックをしてもらい
入場しました。

まずは「夢見る山」という地元企業が集うパビリオンへ。
身内がそのうちの企業に勤めているので見てやろうと入りました。

水をテーマとした内容の実験を行うのですが
ちょっとNHKの教育テレビのようなノリでしたが。
ちいさいお子様向けといったかんじでした。

となりの押井守氏プロデュースの「めざめの方舟」はもはやかなりの
待ち時間を要するようなので断念。

今日はとにかく入れるところにとっとと入っていこうと母と決めていたのでそのまま隣のゾーン、グローバル・コモン1へ。
アジア各国のパビリオンでまずイエメン共和国。
ターコイズを使ったアクセサリーがたくさん並べられ女性客が
大勢人だかりを作っておりました。

わたしもうろうろしていたらイエメンのお兄さんに腕をつかまれ
2本ほどブレスレットを巻きつけられて
「可愛い!可愛い!」
と連呼されて思わず財布の紐がゆるみそうなのを振り切り
「これ外して~」
とさっきのイエメン人に頼んでそそくさと出て行きました。

なかなか商魂たくましい方たちでしたわ。

その後カタール館、中国館、モンゴル館、ネパール、ブータンなどを廻り一番奥の韓国館はさすが韓流ブーム。
すごい長蛇の列でした。
母もたいして韓国には興味無しの人なのでさっさと後にしました。

つぎはグローバル・コモン2
北・中・南アメリカのパビリオン。

カナダ館に入り映像で6人のカナダ人の日常を追うというテーマなのですが
なぜか見ている途中から頭痛がしてあまりの痛さに冷や汗が。

とくに感想もなく(それどこじゃなかったのよ)出てまっすぐ救護室へ。
バファリンをもらい昼ごはんを食べようと食事をするところを捜して
日本ゾーン近くのエントランスへ。

まったく食欲もなく食べ物の匂いではっきりいって気持ち悪かった。

なんでこんなに体調が悪くなったのか。
2日ほど前に暑い日が続き横着してエアコンをいつもより長めに入れて寝て
朝起きたらけっこう肌寒い日だったのでそれで喉がやられた感じ。
風邪気味だったようで。(後日それは扁桃炎と判明)

食べなきゃ薬が飲めないのでむりやりきしめんをすすって薬を飲んで
しばらくしたら体もすっかり楽になり
「よっしゃ!昼からは頑張って見て廻るで~」
と午後からはかなり積極的に歩きました。

長くなりそうなので今日はこれまで~
後半はまた日を改めまして。。。

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://yukipoo.blog10.fc2.com/tb.php/17-441cf984
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。