スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
判定    04/21/2006
一回目採血…ET7日目
過去2回ドキドキの判定日っつうものを経験しているのですが
2回とも最初の採血の時点で着床が確認できず
採血後30分ほど待合で待たされてから先生の待つ診察室へ行き
今回はダメだったという宣告を受けしょんぼりしながら帰っていったものでした。
今回も生理前の頭痛も出だしたし体温は高かったものの
これも黄体の補充のせいだと思っていたので期待はせずに諦めの境地で待っていました。

やがて名前を呼ばれて当然のように先生の元へと向っていたら
看護師さんが
「yukipooさん!お注射ですよ」
と呼び止められました。

え?え?

「数値がまだわからないのでね、また明後日採血に来てくださいね」
と言われプロゲストンデポーの注射を打ち帰ってきました。

この時点でかなり動揺してクルマを止めていた駐車場の反対方向へ歩いて行き
「あ、違う違うこっちやなかったわ~」
と独り言を言いながら自分の車の止めてある場所へ歩いていったのでした。


なんでや?明後日また採血ということは望みがあるのか?

その後2日間またもや落ち着かない気持ちで過ごしました…

二回目採血…ET9日目
2回目の採血を受けられるというのは今までと違って期待ができるはず。
そう思いつつも今まで複数個移植して前回なんかは
スーパーハイグレードで透明膜から出てきつつあった胚を戻してもダメだったので
今回あれから年も重ねているしましてや一個だけという
あきらかにダメな雰囲気だったためどうしてもいい結果は考えられずにいました。

すぐ呼ばれて採血をして待合で待つこと30分以上
緊張のあまり手に汗が浮かび脇からもいやぁ~な汗が滲んできたし
もう怖くて怖くてぶっ倒れそうな思いで待っていると再び名前を呼ばれました

先生の前に案内され腰掛けると検査結果の説明を…

着床を示す数値が前回少し出ていて今回の数値が前回の倍以上出ていれば
着床した事を確認できるのだという説明を受けて
結果の数値が書かれた用紙を見せていただくと確かに一昨日の数値より
2倍を超える数値が示されていました。

「2倍以上の数値だから着床したよ」
と先生に言われびっくりしたあまり気の抜けたような返事しか出来ませんでした
「は、はぁ~そうなんですか…」

なんていったって今回もあかんと思っていたため
先生には今回限りで一応治療は区切りをつけるという事を伝え
今後の子宮がん検診についてたずねることしかイメージしていなかったので
とっさには気の利いたお礼の言葉すら出ませんでした

先生も
「今まで苦労してきたからなんとか無事に出産まで行って欲しい。
だから今日は流産防止の注射を打って薬を出すから来週また来なさい」
と言われたところでやっと
「ありがとうございます」
と言葉が出てきました

その後お尻に注射を打つために用意を…
おっと!今日はいい結果が出るよう夫の赤いボクサータイプのパンツを拝借したのだった。
ひぇぇ~男物のパンツだよ恥ずかしい~と思いながら看護師さんに
夫のパンツなどと悟られないようにさっと毛糸のパンツとともにおろして
事なきを得ました

あせったあせった…

そんな感じでいまだに信じられないわけでして…
一応『妊娠反応陽性と診断された方への注意事項』という注意書きにも書いてあるのだが
パソコンの電磁波を浴びないように、やむを得ず使う場合はプロテクター
またはアルミホイルで下腹部を保護する。と書かれているためアルミを腹に巻き
心配してこのブログを覗きに来てくださる方々に報告している次第です

まだまだ着床したというだけの段階のため今後どうなっていくかはわからず
手放しでは喜べないのですが頑張ってくっ付いていてくれる
このタマゴを信じて胎嚢、心拍確認できるのを待ちたいと思います

一週間、二週間後と嬉しいご報告ができますように…
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://yukipoo.blog10.fc2.com/tb.php/143-fa69eb89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。