スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもや…    05/29/2006
毎年このくらいの時期から、車中に放置した小さな子が熱中症でなくなるニュースが頻繁に聞かれます

毎年毎年聞くニュース。
これだけ報道されればほんのちょっとでもうっかり子供を放置なんでできないのではないか?
と思うのだがそれでも後を絶たない状態

今朝も新聞に載っていました。
この地方、昨日は25度超えの夏日だったのですが
愛知県のパチンコ屋の駐車場の車の中で生後2ヶ月の赤ちゃんが熱中症で死亡するというニュースが。。。

しかもこのバカ親ったら最初はパチンコに興じていた事を隠して
買い物中に子供が死んだなどという事をヌカしておったそうで…
このバカ共でもさすがにパチンコやっていたなんていうのはまずいと足りない頭で考えたのだろう…

しかも記事には10時から14時までの4時間もの間わが子を放置したままパチンコにふけっていたという事。
もうなんともかんとも…
23歳と24歳という若い夫婦だが若いから思慮が足らないわけでもないでしょう。
若い夫婦でも頑張って一生懸命子育てしている人たちのほうが大多数のはず。。。
いや親であれば年など関係なく当たり前か。


2ヶ月の赤ちゃんといえば3時間授乳やら当然オムツの交換も必要で
4時間もほったらかしに出来ないのでは?

なんだかこの赤ちゃん何のために生まれてきたのやら…

この両親には猛省してもらいたいところだが
こういうのに限って次から次にポンポン子供が生まれちゃったりして。。

今日の私ちょっと毒舌かしら?
しかし本当いい加減にせ~よ!な気持ちであります。

こんな事が暑い夏の日の風物詩になってしまっては悲しすぎます。



スポンサーサイト
セックスレス    05/26/2006
今日は夫婦生活についてのお話をば…


多少下ネタっぽくなるかもしれませんので
人のそんな話聞きとうないわ!て人はここでご遠慮くださいまし~




続きを読む

また子供が。。    05/22/2006
子供が犠牲になる事件があとを絶ちません…

秋田の小1の男の子が何者かに殺されて数日経ちますが
今だに犯人逮捕には至ってないし…
そういや昨年の栃木の女の子の事件も犯人は見つかっていない。

ワイドショーでは男の子の葬儀の模様を放送して
よりいっそう悲しみを誘っています。

そうかと思えば親がわが子に手を掛けるという事件も…

不妊女(ちょっと自虐的な言い回し…)のわたしがこんなこというとベタな感じだが
そんな親の元には子供がいて欲しくてしかたない夫婦にはなぜ授からんのだ!
と憤ってみたりするのでR!

子供は空の上から親を選んで舞い降りてくる…
なんてメルヘンチックだがそんな事を何かの本で読んだことがある。
幼くして親に殺されるとわかっていてもその親の元に降りてくるものだろうか?
いや、この両親ならボク(ワタシ)を可愛がってくれるだろう
うんと愛情をかけて、命を掛けて守ってくれるはず…そう信じて宿るはずだよなぁ~
わが子を殺めてしまった親だってお腹の中にいるとき
出産の瞬間、初めて対面したとき嬉しくて何者にも替えがたい存在であったはず…
泣き止まないから、ミルクを思うように飲んでくれない
言う事を聞かない…そんなことで手を掛けてしまうものだろうか?

な~んて書くと
「子供を産んだ事も育てた事もないあんたにそんな事言われたくない!」
なんて言われそうですな…タシカニ。。。

子育ての大変さを思うとやっぱ今さらこんな年で子供はあきらめたほうが…
なんて思ったりもするのだ。
だけどうちに赤ちゃんがやってきたら…なんて想像すると
ワクワクしてやっぱ子供いいよなぁ~なんて思ったり…

そんなことごちゃごちゃ思う間もなく
自然妊娠で知らぬ間にあら出来ちゃってたわ~
って具合にあっさり授かってくれればありがたいなぁ~
なんてそんなことは宝くじに当たるよりもむずかしいのである。

しかしジャガー横田のようにIVF失敗後さぁ次もまたIVFだ~って時に
自然に授かったらラッキーだよね。

なにはなくとも夫婦生活を復活させねば0.00…1%の確率の低さの
奇跡も起きないのよ!




でも術後(円錐切除から)してないのでちょっとコワヒ…

きゃべつだらけ…    05/20/2006
今の時期義母がせっせと我が家に持ってきてくれるもの…
それはきゃべつです!
この一週間で3個ものキャベツが我が家の玄関先に放置されとりました。

新キャベツなんでやわらかくておいすぃ~のでありがたいのですが
二人家族で3個もの在庫を抱えてしまって困惑しております。

先週もらったものを先日やっと食べ終え
今日はコールスローサラダにしました。
明日は他の野菜と一緒にコンソメの素で煮てやろうかな。。

キャベツが終わってしばらくするとまたナスビ地獄が待ってるんですわ(汗)
肌断食    05/15/2006
いつも使っている化粧水が切れてしまい
買いに行く暇もなく、ちょっと浮気心もあり近所のドラッグストアで買って来た化粧品を使ったところこれが見事合わずボロボロ肌になってしまった_| ̄|○

そんなこともあり丁度今日明日とお休みなんで
肌断食をしてみようと昨日の夜入浴後から何も塗らずにいよう!
そう思ったのですが散々化粧水やクリーム、美容液で甘やかした我が肌には拷問のようでした!
洗顔後10分もしないうちから肌が乾燥してばっきばきに_| ̄|○
法令線のあたりに細かい乾燥じわが現れて何も塗らないわけにはいかなくなりました…
といってもあの合わない化粧水はコワヒ。。。
ちょうど試供品のDHCのオイルがあったので手のひらで伸ばして
顔に塗ってみたらバリバリに乾燥した肌がちょっと落ち着いてきました

やっぱ甘やかされたお肌にいきなり何も与えずにいるっちゅうのは無謀な事だったのか?
それともがまんしていれば自らの皮脂で潤ったんだろうか?

肌断食は一日で挫折…
結局いつも愛用しているAYURAの化粧液(AAバランシングプライマー?)を注文しました。
もう浮気はしませんごめんなさい。。なので早く届けてくれ~い!

商品が届くまでは試供品でつなぐしかないのだ…
結局肌に合わない化粧水はボディローションにするしかなさそうです。

先日『経皮毒』なんて警告じみた事書いた割には結局文明生活から抜けきれないわたしなのです…

経皮毒    05/13/2006
『経皮毒(けいひどく)』
という言葉をご存知でしょうか?
文字通り皮膚から吸収される毒ということなんですが
例えば日用品のシャンプー、リンス、ボディシャンプー、化粧品
美容院で扱うパーマやカラーといった薬剤に含まれる合成界面活性剤や防腐剤などの化学物質が皮膚から吸収され体内に蓄積される…
というものです

難しい説明はあえてしませんが(わたしの拙い文章では無理よ)
口から入ったものはある程度分解、排泄されてしまうので血液中に流れる頃には大半の毒性は減っているのですが
皮膚から吸収されたものはそのまま血管に吸収され体内に取り込まれ排泄の場もなく蓄積されていくという恐ろしい事実が。

とくにそういった化学物質が溜まる場所というのが生殖器。
女性でいうと子宮、卵巣といった器官でしょう
男性だと精巣でしょうか。

わたしを含め現在不妊女性が(男性不妊も)とても多いのは
そういった経皮毒の影響というのも見過ごせないでしょう

実際わたしは日常的にパーマやカラーといった劇薬ともいえる化学物質の固まりを素手で扱い
匂いを存分に嗅いでいる(気体として身体に取り込んでいるのだ)職業です
わたしは案外手荒れには強いのですが大抵の子はもう可哀相な位のひどい手荒れに悩んでいました。
子宮内膜症やポリープ、筋腫といった子宮の病気のオンパレードも
ただ単に加齢から来るものだけでないと思う
職業病の所以でもあるでしょう。

以前勤めていた美容院はそういったパーマやカラーの毒性を
軽減させるというシステムを扱っており出来れば長いこと勤めたかったのですが
残念ながらリストラにあい(そうあのリストラ事件の美容院ですわ)
今は普通に原液で薬剤を扱うという、例のシステムをかじった者としては
不安に思いつつ生活のため(苦笑)続けている始末です
だったら美容師やめりゃいいやんかと思うのだが仕事自体は大好きなのでそれもままならず…


そう思うとわたしの不妊や先月の流産もこのわたしの職業病から来るものなのかな~
とつくづく思うのです
実際美容師の仲間の子宮内膜症率はかなり高いし
インターンの頃お世話になった先生も子宮の病気のオンパレードで
流産も何度も繰り返された人でした
他の知り合いの先生も内膜症が悪化して子宮を摘出された人も…

あぁ~考えれば考えるほど子供を望む身でこの仕事続けていいものかと思うのだ


実は以前あのリストラ美容室にまた戻ってくれないか?
とお誘いを受けたのですがあっさり首切ったくせに何を今さら…
という意地もあったのでお断りしたのですが今になればもうちょっと考えてみても良かったかなと思うのです。残念!(古っ)
だってそのシステムを扱ってるサロンって少ないんですわ…



不安をあおるつもりで書いたわけじゃないんですが
食べるものには結構気を使っても
肌に触れるものには意外と無頓着でいるのもどうかと思い
ちょっと啓発的な意味も込めて書いてみちゃいました。
経皮毒で検索するとけっこうな情報があるので興味のある方は
一度調べてみてください

しかしあまり神経質なりすぎてあれも怖いこれも危ないと排除しすぎて
しまいには原始生活でも始めてしまうかもという諸刃の剣…ンナワケナイカ
40代の妊娠    05/12/2006
女子プロレスラーのジャガー横田が妊娠!
なんと44歳での妊娠だそうで…

先日は日テレのアナウンサー大杉君枝さんも42歳での妊娠が報じられてました

う~ん皆さん頑張ってらっしゃる!
なんか勇気がみなぎってきましたよ^^

40歳であきらめてちゃいけませんかね…

この前の診察のときに先生も
「40の自分(わたし)がそんな事いって40代後半で頑張っている人はどうするの~」
とおっしゃってたっけ。。。
「今は寿命が延びてるんだから問題ないよ」
とも…

新聞の投稿欄だったかで高齢で妊娠を望んで医者通いを始めた女性が
医師に「今さらそんな年で子供なんて(プッ)」と言われ
とても悲しい思いをされたという投稿があったのだけど
わたしが通ってる病院の先生は一度も年齢の事で不安がる事を言われた事が無かったなぁ…

なんかまだ2~3年頑張れそうな気がしてきたんですが。。。(単純やわ~)



40といえばわたし最近白髪がポツポツ出だしましたーー
まだたくさんでは無いんですが1本白いのがスッと出てきて
「いやぁー!出てきやがったな!」
と抜いています

昨日長かった髪をショートにばっさり切ったのですが
頭頂部に1本白髪がピョンと立っててこれまたショックー
あわてて抜きましたよ

おかげでうちは両親とも白髪が少なく母なんかも
白髪染めなるものを始めたのは50代になってから…
そんなわけで同年代の人と比べると少ない方だと思うのですが
どうせ子を授かるのなら白髪染めを始める前には授かりたいモンですな

そう考えると少しでも若いうちに考えなきゃあな~

夫のキモチ    05/10/2006
夫は不妊治療に関しては殆ど口を挟む事がありませんでした

初めて不妊外来を訪れたときにわたしが色々と説明しても
「ふ~ん」
って感じであまり興味を持つ風でもなかったっけ…
かといって「そんなことしてまで子供なんかいらん!」
という不妊治療否定派でもなかったなぁ

AIHやIVFのときも文句も言わずに仕事の予定をやりくりして
きちんと言われた時間に提供してくれたりでちゃんと協力はしてくれたのだけど
生理が来て落ち込んでいるときも一緒になって落ち込む事もなく
「仕方ないやん~やっぱ授かりものなんやし」
とあっさり言うだけで
「なんだかこの人ホントに子供が欲しいのかしら?
わたしが欲しいと思うよりはこの人にとっては子供なんてどうでもいいものなんやろうか?
実際(前妻との間に)一人子供がいるし…」
とすでに子持ちの夫にはわたしほどの思いは無いのかも知れん…
そう思ったものでした

そんな風に夫は本当は子供なんてどうでもいいのだろうと思っていました。

そんな先月、初めての妊娠反応が出て家に帰り、夫に
「Yちゃ~ん、陽性が出たよ~うれしいよ~」
とうれし泣きをしながら伝えたときは夫も涙声でわたしの頭を撫でながら
「そうか~よかったなぁ~頑張ったもんなぁ~よかったよかった!」
と頭をグリグリやられたときは正直ビックリしました。

こんなに喜んでくれるとは夢にも思わなかったのでした。

もう次の日は
「俺さぁ~今日仕事中考えたんやけど。子供の名前!」
「ちょっとまだこの先どうなるかもわからんのに気が早すぎだよ~」
といいながらも夫の早とちりがなんか嬉しかったものだ。
「で、どんな名前?」
と聞いた名前はちょっと古風な女の子の名前。。
その他の候補も女の子の名前ばかり。
「なんで女の子のしかないの?」
「なんかさ~絶対女の子の気がする!」
と言い張ったものでした。

なぁ~んだこの人あまり治療について事細かに聞いたり
わたしがちっとも妊娠できないで辛い思いしてるときも
静かに傍観してる感じだったのに結局うれしいんじゃん~
ていうかわたしよりも浮かれポンチじゃないかい?



なんかね、やっぱこの人との子供欲しいわ。。。
絶対親ばかだし(夫の)希望通り女の子だったらデレデレだろうし
男の子だって結局かまいまくって可愛がってくれそうだもんね。

今すぐはまだ考えられないんですけどね
でもまたそのうちに…なんて思いつつあるのです

夫の親父っぷり見てみたいですしね(笑)








高コレステロール    05/09/2006
この前の入院時におこなった血液検査の結果が先日の診察時に出たのですが
血糖値やなんやかんやは正常値だったのですがコレステロール値がまたもや高かった!

もうここんところ血液検査をするたびにコレステロール値がいつも高いんですわ…

あまり脂っこいものは食べてないつもりだし
一応油なんかはコレステロールを下げるっていうものも使ってはいるんだけど…
体質なんでしょうか?

コレステロールを下げるなにかいい方法はないもんでしょうか?(-_-)ウーム
まったく何から何まで年を感じる今日この頃です(涙)
治療費    05/08/2006
         凍結胚盤胞移植
        解凍     15750
        長期培養法 52500
        胚盤胞移植 42000
       ------------------
        合計    ¥110250

 
          切迫流産入院4月25日~4月27日
  検査、注射、投薬、入院料すべて ¥39300

また頑張って稼ぐか~(笑)昔はホント風邪ぐらいでしか医療費なんてかからなかったのにさ…
健康である事がいちばんですわね~

診察    05/08/2006
今日は流産後初めての診察でした。

待っている間わたしの隣に4人ほどの団体さんがいて
妊婦さん本人…まだ初期らしく今日が初めての判定だったらしい
と、母親、姉、おばさまらしき人という団体さんだが
超音波写真とわたしも陽性判定時にもらった妊娠初期の人の注意事項の書かれた紙を持って
大はしゃぎの模様でした

今までのわたしはそんな光景も微笑ましく思って見てたものですが
さすがに今のわたしにはきっついっす…

しかし気にせぬそぶりをして耐えておりました。

こんな不妊さんの多い病院でそんなにはしゃぐでない~
…なんて思ったのはわたしだけではなかっただろう…
あぁこんな事思ってしまう自分の器の小ささが嫌になるわ…

と自分が情けなく思いながら待っていました

やっと自分の順番が来て内診してもらい、もう次の周期にリセットされているのを確認できました
まったく初期の化学流産だったので身体の回復は早い!
先日(切迫の入院時)ついでにやってもらったがん検診も異常なしでしたし。


さて今後どうする?という話になったのですが

一応治療は40歳までって決めていたし…
もう治療はしないことに決めましたという事を伝えたら

「せっかく(流産したとはいえ)着床できたのに今諦めるのは惜しいな~
45や50近い子でも頑張ってるのに…
でも自分らで決めたのなら仕方ないね」

まだまだ頑張ってる人たちはいらっしゃるのだなぁ。。。
と思ったらなんか決心が揺らいできてしまいました。

最後には
「でもまだ諦めきれないところもあるんで、気が向いたらまた来てしまうかも…」
なんて事もつい口走ってしまった!



実は流産後の日記ではあんなこと(子供は諦めたと)書いたのですが
GW中に甥っ子たちにあったり今日も病院で可愛い赤ちゃんをみたりして
本当にこのまま諦めていいのか、いくら高齢といってもまだ一応妊娠可能な状態で
ずっと後悔の念を抱えたままでいいのか…
本当に気持ちに区切りがつけているのか…
考えていたのです。
そこで先生の言葉にあやふやな決心があっさり揺らいでしまいました

やっぱあきらめきれんわ~って事です
先生も
「うん、またやる気になったらいつでもおいで」
と言ってくださったので、まぁあまり結論を急がずに
ゆっくり考えてまたその気になればまた頑張ってみるもよし。
このまま子供のことがどうでもよくなればそれもいいでしょう。


でも今はやっぱ治療の事は忘れてゆっくりのんびりしたい気分です
働いてお金が溜まったらまたIVFも考えるかも…

あぁなんて優柔不断なわたし…
仕事復帰    05/06/2006
もうすっかり出血も止まりお腹の痛みもまったくなくなりました
そんなわけで昨日から仕事復帰しました。

ここんところずっと考えているのですが
もう治療はしないと決めた今、そろそろ本腰入れて仕事の方もやりたいなと思いはじめました。

そのためには今のパートの職場を辞め新たにきちんと正社員という形で
お店を変わろうかなぁと考えている次第です

今のお店も先生も店長もとてもいい人なので離れがたいのですが
どうしても昔からのお客様が多く先生のお客様ばかりのため
補助的な仕事が多くて逆の意味で時給に見合わない(時給多すぎに感じてしまう…)ので申し訳ない気がするほどで…

そんな事を考えているのであります
まぁ特に早急に転職を考えているわけでなくて
色んなところに声をかけてじっくり探していこうと思っているのです。

着付けやメイク、セットの勉強をもう一度しなおさなくてはなぁ~
今のお店に入ってからあまりそういう仕事してないし…

しかしそれ以前にこのおばさんのわたしに再就職のあてがあるんやろうか?
という不安もあったりで…
やっぱ独立するか?…といってもこんなに美容室が乱立する中
生き残っていく自信はないんだな。

新たなわたしの悩みです

こっそりコメント入れてくださったTっちさん(笑)ワカルカナ?
是非また遊びに来てくださいね~
よろしかったら日記のアドレス教えてくださいな★
これからも仲良くしてくださいね!
その後    05/01/2006
退院して今日で3日が経ちますが、体調の方はというと
出血が一昨日頃からかなり増えてきました
しかし体温は今日も36.98℃とまだ高温であります

お腹の痛みはいつもの生理時と変わらないくらいで
そんなに辛くは無いです

そんな感じなので特に寝込むことも無く
今日なんかも夫と一緒にホームセンターへ行き
ネコのトイレ砂やらえさやその他日用品を買いこんできました

ここのところ気落ちしていたものでこんなに辛気臭くてはいかんなぁと
花屋さんで見つけた可愛い花を買ってきて玄関に活けてみました

ちょっとしたことですが華やいでいい感じです
猫たちに狙われやしないかと心配ではありますが(笑)

そうそう今日5月1日は我が家の猫たちの誕生日
モモ(三毛猫♀)は早や10歳 最近高いところが苦手になりつつある老齢ネコです
ポン(黒猫♂)は血気盛んな3歳 身体も風貌も立派な青年ネコです

今日は高級ネコ缶でお祝いだ!


ところで退院した日は夫も一緒だったのでメソメソ泣くこともしなかったのですが
翌日夫は仕事で一人ぼっちになり
PCに向かいブログを書きながら思い出しては涙
その後も頂いたコメントやメールでの励ましを読んでは涙
コメントに「泣くのもこの苦難を乗り越えるためのプロセスだよ」というような事を書いてくださった友達の言葉にまた涙
2日ほど夫のいない日中はダーダー涙を流したらけっこうスッキリしました
こんなに泣いたのは父が亡くなったとき以来だな~

そう言いつつも食欲はあるし掃除したり買い物行ったりと普通に暮らしています

もう数日したら仕事も復帰できそうだし
いつかは悲しかった事も忘れてしまうのかなぁ~
でもたとえまだ人間の形をしてなかったにしろ
一応わたしたち夫婦の初めての子供だったわけなんで忘れずいつも心の中で思っていてあげないと…

おチビさんよ、どうかどうかお父ちゃんとお母ちゃんが死ぬまで見守ってておくれよ~


コメントを寄せてくださったかたへ

みなさまのお言葉にとても励まされ言葉では言い尽くせないほど感謝しております
是非個別にお礼のメールをしたいのですがPCを替えたりしばらく連絡を取り合わなかった人もいらっしゃりメアドがわからずお返事できずにおります。
どうか差し障りなければ教えていただきたく存じます




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。