スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不妊治療の後遺症?    11/15/2007
昨年の春、凍結胚移植をして残念ながら流産という結果になって以来、
それまで数年にわたって続けていた不妊治療をやめました。

よーするにもう子供のことはあきらめたわけですが
不妊治療の副作用なのかなにかわからぬがどうも生理が変。

どう変なのかというと周期はまあきっちり来るのだけど
最初に微出血があり
「お!生理が来たな」
と思ってみてもその後2~3日は本当に少量の出血のみ。

せっかくのナプキンも綺麗なまま廃棄するのが惜しくて
このまま使ったろか?なんてケチな事考えてしまうほど。

…いや、使いませんけど…

で、本格的生理の症状が現れるのは4日目くらいから。
3日くらい普通に出血があり段々とフェードアウトしていく感じ。


一体いつから生理初日としてカウントしていいやら┐(´-`)┌

ていうか基礎体温つけていけばいいじゃんと思うでしょうが
不妊治療をやめた今となっちゃあの面倒な朝起きぬけの検温はめんどい。

やっとあの地獄の日々(んなおおげさなw)から解放されたというのにねえ。

これって不妊治療の副作用ですかね。
まああれだけ長期間にわたり黄体補充やら
排卵誘発やら(私の場合あんまり使用はしなかったけども)
自然に逆らうことしてたら身体に支障も起こるってモンですな。

ちなみにかなり肥えました…_| ̄|○

最近やっともどりつつあるけど中年太りも相まって
元の体型には戻りっこないでしょうが。

それとPMSがちょっと辛いかも。。
といってもたいした事無いのだけど元がそういった生理不順、生理痛、
PMSとは無縁の人だったので気になるところ。

しかしこれは更年期とやらが迫っている所為かもな~なんて。

なのでなんもかも不妊治療やっていたせいにしちゃいかんわな。

今にして思えばピーク時は毎週超音波での卵胞チェック、
1周期おきくらいの通水(痛かったよ…)
黄体やら卵胞ホルモンの服用、AIHやIVFのたびに夫にせっせと
精子を運んでもらったり…

ホントようやったなぁ~と感心してます。

結局努力の甲斐なく子供は授からなかったが
けして無駄な事をしたとは思わないです。

おかげで子宮頚がんが0期で見つかって命拾いしたし
いろいろ考えさせられる事も多々あり
この年になって勉強させられたものです。

何事も無駄な事など無いって事ですな(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)


さてそんなわたし昨日から生理始まりまして。
やはり今日はびみょ~~~な出血具合です。

早くどど~んと出血してくれ~!!
でないとお楽しみ秋の遠足(結婚記念旅行ね)に
大量のナプキンを持って行かねばならぬ…それは困るのだ…

憂鬱だわ。。
スポンサーサイト
健康であること!    10/29/2007
先日一年ぶりに産婦人科に行ってきました。

なんだよyukipooまだ性懲りもなく不妊治療再開?


違う違う!違いますがな~~
子宮がん検診ですよ。

一年前の検診で異常無しだったため一年に一回の検診で済むようになりましたのよん…
であれから一年が経ち検診に行ってきましてその結果がこのたび郵送されてきました。

今年も異常なしでしたー!


それよりさかのぼる事一ヶ月ほど前これまた一年ぶりの乳がん検診も異常なしでございました。

この時期は検診が重なり
健康について深く考える時期なのですよ。

そんなわけで先ほど2年前の子宮頚がんの入院日記を読み返してみました。

たった一週間のお気楽な入院生活でしたが
同室で抗がん剤の副作用で苦しんでおられた女性の事を思い出し
彼女はその後病気を克服する事が出来たのだろうか?
なんて思ったり…

早期発見で簡単な切除で済み、今現在元気で働き生活する事が出来る。
なんて幸せなんだろう~と改めて健康であることの素晴らしさをシミジミ感じております。

職業病の腰痛も疲れがピークになると辛かったりもするけど
整体に通ったりできちんと自己管理しつつ健康に細心の注意をはらいながら日々過ごしております。

あと美容の方も40を過ぎ若い頃のお肌の状態とは明らかに違ってきました・゚・(ノД`;)・゚・
いろいろアンチエイジングの化粧品やサプリの研究にも余念がありませぬ(笑)

すばらしい成果が現れればここでご紹介できるのですが
まだそこまでの結果はでておりません…トホホ

お肌だけでなく身体のラインも崩れまくりで
情けない限りです(´・ω・`)


さて夜更かしは美容と健康の敵だわな。。。
さっさとお風呂に入って就寝するとします。おやすみなさい~


またまた長きにわたり放置プレイ(笑)しておりました。

さてもうすっかり暖かくなり
部屋の大部分を占めるコタツを
そろそろしまうべきかが目下の悩みのお気楽なyukipooでございます。

とはいうもののここんところ胃の調子がすっきりせず
なにか重大な病気では?などと思い四十路も過ぎ
胃の検査も8年前にしたきりなんでいよいよ意を決して
胃カメラでの検査をしてきました。

いまは口からでなく鼻からカメラを挿入するとかで
経口の胃カメラと違い吐き気もなく出来るというので
「よっしゃそれなら!」と行ってまいりました。

前処理として胃壁をきれいにする薬を飲み、鼻から麻酔やら
通りをよくする薬剤を注入されたりとかなり不快を伴う処置をされたりで
カメラ本番を迎える前に恐怖心がおそってきました((;゚Д゚)

そして先生が現れいざカメラ挿入!

胃に到達するまでちょっと違和感がありましたが、わりと平気でした。
むしろ前処理のほうが嫌な感じでした。

途中胃液を抜いたりしながら食道、胃の入り口、さらに進んで十二指腸まで診ました。

結果、な~んもなかったです。

炎症も潰瘍も腫瘍もなぁんもなかとです。


ちょっと食べ過ぎるともたれたり胃がシクシクしたのは加齢によるものでしょうか?
またまた年を感じてしまいました。

結局胃薬を10日分もらって調子が悪けりゃまたきてくださいと言われ帰ってきました。

 
さて世の中統一地方選挙の後半戦とやらでこの地方も市議選が始まり
今さっきも地元の候補者の演説会を
近くの公民館でやるのでお越しくださいと宣伝カーが通っていきました。

しかし市議選候補者多すぎで一体誰に入れていいやら…

実家の母が父の友人に入れてやれというのですが
そんな安直な理由で一票を投じるのもどうかと…
などと優等生ぶっておりますが整理券捨ててしまったんですがな~

なんといいかげんな有権者。

とまあ最近のわたくしこんな感じでございます。
最近…    06/15/2006
といってもまだ3周期目なんだけど
ここ最近いつも現れる生理5日目くらいからの下腹痛がずいぶん和らいできました

3周期前…
そうあの凍結胚移植をした周期も生理『後』痛がなかったのだ!
いつも4~5日目から右下腹がきりきりと引き攣れるように痛むのが
殆どなかったのです

なぜかそのときふと「今回あの痛みが殆ど無い!ひょっとしたら…」
と淡い期待を持ちつつETをしてその後陽性判定が出たのでした


結局残念な結果に終わってしまったけど
その後2回の生理を迎えたのですがあの痛みはかなり軽減されてきました。

昨年の円錐切除後から生理ナプキンを布ナプキンに替えたのがよかったのでしょうか?
それくらいしか考えられないんだな~

とにかくこの嬉しい変化にひょっとしたらまた妊娠できるかも?
なんて単純に考えちゃってるわけですな。。(なぁんてむりむり…)


でも治療再開する気はまだ起こってこないのが困ったところ。。。

子供は欲しい、でもやっぱり…と相変わらずもやもやした気持ちでいるのです。

生理    06/03/2006
今回はなんか変な生理・・

出血しだして今日で8日目
でも最初5日まではごく少~しの量の出血。

これで今回の生理は終りかい?
こんな量では殆ど内膜が出来てなかったということかい?

そう思っていたところドカンと出血が始まりました


一体なんだったんだ?
もう閉経か?


今はもうほんの少しの量で明日頃にはもう生理も終りって感じです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。