スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数日前通勤のためいつもどおりマイカーで出掛けた夫から電話がありました。

「yukipoo悪い…クルマがトラブった~すぐ迎えに来て~」
と電話が。
早速…といっても顔も洗ってなきゃ化粧もしてない
ごみの日なのでごみを出さねば…と結局30分ほどして現場へ急行。

なんと高速道路でのクルマのトラブル!
電話で言ってたとおり緊急退避所(路肩の少し広い箇所)にハザードランプを点滅させた夫のクルマが停まってました。

めっちゃナサケナイ顔をしてわたしの到着を待っておりました。

夫は自動車関係の仕事なんで最寄の営業所から積載車を持ってきて
それにクルマを載せていくというのでインターを降りてすぐ近くの営業所へ夫を送り届けました。

その後メールでクルマはもう修復不可能だという事が知らされました…
ま~たお金がいるわ…

ここ数年我が家はさまざまな不幸に見舞われているが
またもやろくでもない出来事が起こってしまった_| ̄|○

しかし考えてみればよくまあ高速道路で急にエンジンが止まったのに無事でいられたもんだ。。
しかも追い越し車線を走っていたというのだ。

惰性でなんとか待避所まで走ってきたらしいです
なんと運のいい人でしょう。

そう考えれば受難というほどでもなかったような…


しかし10年ほど頑張ってくれた夫のクルマ。。
アメ車のステーションワゴンなんですがアメ車のわりには結構長生きしてくれたほうでしょう
色んなところに行って我が家の思い出満載のクルマでした
実家の両親を乗せて乗鞍スカイラインに行ったときは
途中で何かが燃えくすぶるような匂いがするな~と思ったらボンネットから煙が出て焦ったっけ…

またわたしがお店の若い子を3人乗せて長野へいく予定の前日いきなりブレーキが壊れてこのときも災難を逃れる事ができたもんだ。そのまま中央道をぶっとばして途中でブレーキが壊れる事を思えば((;゚Д゚)ガクガクブルブル  命拾いしました。。。
いろいろトラブルを起こしつつも生き延びてくれたものだ。

やっと夫の養育費も終り不妊治療もとりあえず終えさああとは頑張って貯金に励むぞ~て時にこれだもんなぁ

今度のクルマは(夫の)弟に頼んで格安の中古車になりました

夫よ今度そのクルマが壊れたあかつきにはピカピカの新車を買えるよう
頑張って働こうではないか!!
それまでその中古で我慢してちょ♪
スポンサーサイト
愚かな妻…はぁ~?    01/31/2006
度々こちらでも書いているのだが夫の父はこの時代に『男尊女卑』の精神が著しいじいさんでして。。。
女性は卑しきものという感覚がいまだ抜けない人のようです。

結婚して間もない頃は
「yukipooさんは○○(夫)にもらったんやなくて△△家にもらった嫁やで」
などと言いくさったり自分の妻である義母をこき使ったり…

びっくりしたのは義父が来客に対して義母のことを『愚妻』と紹介したのには閉口しましたよ。

皆様も『愚妻』という言葉を聞いたりすることはあるでしょう。
わたしも聞いたことはあるけど実際目の前でこの言葉を放った人は初めて見ましたよ。

昔の男性が自分の妻をへりくだった言い方をするのに使う言葉ですが
しかし「愚」かな「妻」って…
ひどい言い方だと思やぁしませんかい?
謙遜して使ったのだろうけどおなごをバカにするのも大概にせい!
別にわたしはフェミニストでもなきゃ女性運動家でもないんですけど…

義父は昭和10年生まれ。
この世代の人ってこんなもんかなぁ?
わたしの父は婿養子だったからかもしれないが母をこき使ったり
愚妻なんて言ったのを聞いたことないけど…


まったく義父もそうだが昔の男衆は女性から生まれ
女性に世話をしてもらい大きくなって
結婚してからも女性にこまごまと世話してもらうくせに
女性を卑下したりするんだもんなぁ~
だいたい女がおらんことにゃ人類が途絶えてしまうぞ!
でもそんな女性を虐げている男に限って意外とマザコン気味の人が多いんだよな。。。


まぁ夫は幸いにも父親に似ず女性を小ばかにしたりする言動もなく
むしろわたしの尻に敷かれ気味(笑)なようですが。←うそです!

そんなわけで今日はふとそんな事を思い出して憤慨しておりましたが
可愛い我が愛猫の姿にちょっと気持ちもほころんだのだ…
VFTS0075.jpg
書類箱のふたにすっぽり収まるポン…めっちゃお気に入りの場所らしい…しかしやっぱり真っ黒い塊だな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。