スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LOVE 真きお!    07/23/2006
夏のドラマが始まっております

一番の楽しみは土曜9時から日テレ系で放映中の
マイ☆ボス マイ☆ヒーローです

TOKIOの長瀬智也扮するヤクザの跡取り息子(27歳)
あまりのおバカ加減に父親である組長(市村正親)に命じられ
ヤクザの息子である事を隠し、年を偽り高校生活を送る羽目に…
生意気な同級生につい本性を現しそうになりつつもグッとこらえての
窮屈な学園生活を送る事に。

まあごくせんの生徒版のような学園コメディーである。。

しかし長瀬の役の嵌りっぷりに大爆笑させられております
素でやってんじゃないの?ていうくらいの嵌り具合です

転校時の自己紹介で黒板に自分の名前『榊 真喜男』が書けず
『榊 真きお』と書いてクラスメートから失笑を買ったり
舎弟たちが心配してこっそり学内に忍び込み影から見守っているのも笑えるし
初回の限定プリン争奪戦も馬鹿馬鹿しすぎて可笑しかったなぁ

どろどろした確執もなくべたべたな恋愛ものでもなく
久々にスカッと笑えるドラマだと思います

どろどろといえば不信のとき
夫役が石黒賢でその妻が米倉涼子、愛人が松下由樹…
もうこの時点で違和感が。
どう見ても妻が松下さん愛人が米倉さんではなかろうか?
というのはどのドラマの批評にも書いてありましたが…

なんかいろいろとモニョル内容ではあるが見てます
タイアップ曲がなつかしのアン・ルイスの『あゝ無情』ってところがなんだか昭和臭い設定のドラマだけどね

あとは阿部寛主演の結婚できない男
これも面白いです。
阿部ちゃんのちょい3枚目っぷりが笑えますよ

あ、それと功名が辻はあいかわらず見ております
舘ひろしの信長も実年齢に近づいて違和感無しになってきた頃
あの本能寺の変で出番が終りちょっと寂しくなってしまいましたわ

こんな感じで今クールのドラマも楽しんでおる次第でございます
スポンサーサイト
新ドラマスタート!    01/14/2006
お正月特番も終わったこの時期新ドラマが続々とスタートしました。

この一年のお楽しみNHKの大河ドラマ
去年の義経もなかなか突っ込みどころのあるドラマでしたが。。。
先週から始まった『功名が辻』(-_-)ウームなんか出演者の年齢が全体的に高くないですか?
殆どの出演者が40歳オーバー…

山内一豊役の上川隆也は40歳ぐらいでしょ
織田信長が舘ひろし、50台半ば
お市の方が大地真央、こちらも50歳過ぎですね。。。
秀吉夫人のねねさんが浅野ゆう子40代後半。
子役以外の主な出演者で20代は仲間由紀恵だけでは?

この前は桶狭間の戦いの頃だったのですがこの頃信長25~6歳のはずなのに
すでに「人生50年」(とっくに過ぎてるか…)な舘さん扮する信長は。。。
桶狭間ですでに逝ってしまいそうでしたよ。
来週あたり一気に本能寺の変をやるのでは?って感じでした。
浅野ゆう子のねねもブリブリ演技でえぇ~でしたし、大地真央がお濃役の和久井映見に「姉上」と話しかけるのもものすごい違和感が。。

NHK面白すぎです。明日の2回目以降も別の意味で見る楽しみができました(笑)


月9の西遊記は香取君主演。
西遊記といえば20数年前のマチャアキが孫悟空で
あの麗しい夏目雅子さんが三蔵法師。
音楽もゴダイゴ(あのタケカワユキヒデのグループね)の曲が見事にマッチして
当時中学生のわたしは日曜日が楽しみで仕方ないくらい夢中になって観たものでした。
そんなこともありついついあの頃の西遊記と比べてしまいがちですが
香取君悟空はなかなか元気でよかったです。
ウッチャン沙悟浄も電車男の猪八戒もよかったです。来週からも見れそうです。

木曜日にいたっては9時に見たいドラマがかぶってどっちを録ろうかと迷いました。
この前は『白夜行』を録って『けもの道』をリアルで観ました。
米倉さんすっかり悪女ぶりが板についてきました。他の出演者も皆なかなかの「悪」なようでこれも来週から観ます。
『白夜行』はやはり重い!でも子役が頑張って初回を盛り上げてくれましたが
来週から綾瀬はるかちゃんと山田孝之くんになりどうなっていくのでしょう?
子役の頑張りを無駄にしないように頑張ってほしいものです。
…てすっかり評論家きどりだよ。
10時からの唐沢さん主演の『小早川伸木の恋』は片瀬那奈のエキセントリックな妻をいらいらしながら観ました。
あまりに観ていてムカついたのでもうすでに観る気失せつつあります。
でも上様(谷原章介)観たさに頑張るかも?です。

そんなわけでドラマがスタートしてそれらを観るのに大忙しでPCになかなか向えませんでした。
今年はブログを頑張って毎日(は無理か…)アップしようと思ったけど
もう挫折気味~

けしてこの前の検査に落ち込んでるわけじゃなくてよ♪
しかしやはりはっきり結果が出るまで落ち着かんなぁ~
まだ結果が出るまで10日もあるよ_| ̄|○
ドラマ最終回    12/23/2005
今クールもいくつかのドラマを見ていたわけですが。
昨日の大奥で全てのドラマの最終回を見終えました。

なかなか渋いのですがわたくし意外と時代劇は好きなんです。
大奥も第一章(安達祐実ちゃんが和宮役をやってたヤツ)から
松下由樹の春日局のヤツに今回の華の乱。
なにがいいってぇと豪華絢爛な衣装を見るのが楽しい。
しかし先日までわがやのテレビの調子が悪く色合いがめちゃめちゃで何色の衣装かまったくわからぬ状態。。衣装が見たいのに意味無しやろ。
それで寝室のちっさいテレビで豪華衣装を堪能しておりました。ちいと迫力不足だけど。

その大奥がきのう最終回を迎えました。
上様(谷原章介扮する徳川綱吉)は最初女好きで母親(桂昌院)に頭の上がらぬへたれ男で政治手腕もいまいちのどうにもならん将軍でしたが昨日の最後の瞬間はなんかよかったなぁ~まあ史実とはかなり違う内容ですが、最後に来て上様萌え~になったところでもう最終回かい。。。


藤原紀香の御台さまも最後の狂気じみた演技はなかなか見ごたえがありました。
小池栄子のお伝の方と(いちおうヒロイン?内山理名の)安子がいい感じに和解して涙がホロリ…

けっこうドラマの最終回って尻つぼみで終わってしまってがっかりっていうのが多いのですが大奥はまずまずでした。

それにひきかえ最終回でガックリさせられたドラマが二つ!
「1リットルの涙」
これは別にドラマ自体は実話に基づくストーリーだし原作本も読んだのですが作者の亜也さんはなかなか聡明なお嬢さんで日記を読んでいてもしっかりした文章で頑張り屋さんでなんでこんな賢くて可愛い女の子が…なんてこちらまで病気に腹が立ってきたほど。
そんな感じで沢尻エリカちゃんの可憐な可愛さも手伝って毎回涙々で観たものでしたが最終回。。。
あの丘の上にポツンとひとつのお墓。なんか変じゃないですか?かなり演出入ってません?
そしていくら亜也さんが素晴らしい女性だからって一度に100人以上も大挙押し寄せてのお墓参りってありえなくないですか?つづきます

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。